箱根の仙石原がススキでとても綺麗だった!

f:id:chiphirose:20171009170237j:plain

最近は夜も少し肌寒くなり、秋を感じることも多くなってきました。夜には虫の鳴き声も少し聞こえてきて、過ごしやすい季節ですね。

秋といえば、みなさんは何を想像しますか?

秋刀魚だったり、栗だったり、いろいろなものを想像するかもしれません。そんな秋の風物詩の一つであるススキを箱根の仙石原で見てきました。

今回は箱根の仙石原の様子を少し紹介していきます。

ススキ草原の景色

f:id:chiphirose:20171009170928j:plain

この景色を見ていただければわかるように、ススキ草原に行くと一面にススキが生えています。秋のこの時期になると、とても綺麗な景色になります。

このススキ草原の中には人が通るための細い道があり、ススキ草原をとても近くで見ることができます。

f:id:chiphirose:20171009171311j:plain

ススキ草原の混み具合

僕は10月の3連休にススキ草原に行きましたが、行列ができて入れないほどは混んでいませんでした。

実際に長い間待つことなく、ススキ草原に入ることができました。写真についても、お互いに気をつけて入れば自由に写真を撮ることができると思います。

 ススキの見頃時期

ススキの見頃時期は9月の下旬から11月の上旬までです。この時期に仙石原へ行けば、写真のようなススキの様子が観ることができます。

見る時期によってもススキの色が変わるようで、一年で様々なススキの様子を楽しむことができるようです。

現在のススキの様子をチェックするには・・・

現在のススキの様子をあらかじめチェックするためには、箱根ナビのホームページをチェックするといいでしょう。

www.hakonenavi.jp

こちらでは現在のススキの様子を写真で紹介していますし、様々な見どころを紹介してくれています。

アクセス

箱根の仙石原へ行くなら、バスで行くのがオススメです。箱根湯本駅からバスで「仙石高原」下車してすぐのところにあります。

それほど長い時間楽しめるところでもないので、ススキを見たあとに箱根湯本を散策してみることもできて、一日中楽しむことができるでしょう。

車で行くなら・・

ススキの見頃時期なら特設の駐車場もたくさん用意されているので、車で行っても駐車場を見つけることができるでしょう。

しかし、時期や時間によってはとても混んでいて駐車場がいっぱいになっているかもしれません。その辺りの交通量をしっかりと考えておきましょう。

行ってみた感想 

f:id:chiphirose:20171009173550j:plain

ススキの草原は一面ススキで、とても綺麗でした。東京や横浜などの都会ではなかなか秋を感じられる機会はありませんが、この景色を見ると一気に秋を感じることができます。

ススキが好きな人・自然な景色を見るのが好きな人はぜひ一度、訪れてみてください。

注意点

仙石原へ行く際に注意して欲しい点がいくつかあります。

まずは、そこが厚い靴を履いて行くこと。ススキ野原の道は岩がゴツゴツと並んでいるので、そこが薄い運動靴のようなものだと、足が痛くて大変です。

そこが厚い靴を履くことで、凹凸があっても歩けるようにしておくといいでしょう。

そして、トイレはあらかじめ済ませておくこと。車で行ったときに、途中でトイレがあったので、そこで済ませましたが、ススキ野原近くのコンビニではトイレに行列ができていました。

混雑を避けるためにも、あらかじめトイレは済ませておくといいでしょう。

不規則動詞の活用法(entendre,prendre)【初心者からのフランス語練習帖#5】

f:id:chiphirose:20170824092655j:plain

前回の記事の続きで、今回も二つの動詞の活用を確認していきます。

どうして二つだけ?と思うかもしれませんが、それは僕が1日に覚えられるのが2つだけだからです。

こちらのブログは読者向けというよりも、自分の記憶の整理に使っているので、自分の学習ペースに合わせています。ご容赦ください。

不規則動詞

今回の不規則動詞はこちらの2つです。

  1. entendre
  2. prendre

これらの活用方法について確認をしていきましょう。

entendre

entendreの意味は「聞こえる」という意味で、以下のように変化していきます。

entendre    
  je entends nous entendons
  tu entends vous entendez
  il entend ils entendent

同じ変化をする動詞

  • attendre(待つ)
  • descendre(降りる)
  • rendre(返す)

例文

Vous descendez le train?

あなたは電車を降りますか?

prendre

prendreは「取る」という意味で、以下のように変化します。

prendre    
  je prends

nous prenons

  tu prends vous prenez
  il prend ils prennent

entendreと違って、複数のときの語幹が変わる点に注意が必要です。

同じ変化をする動詞

  1. apprendre(習う)
  2. compredre(理解する)

例文

Nous prenons le taxi.

私たちはタクシーに乗ります。

まとめ

今回の記事では二つの動詞(entendre,prendre)を確認していきました。

どちらも似ている活用をしますが、少し違うので注意して覚えていきたいと思います。

不規則動詞の活用法(partir,venir)【初心者からのフランス語練習帖#4】

f:id:chiphirose:20170824092655j:plain

以前の記事で、規則動詞の活用について確認しました。

今回の記事では不規則に変化する動詞の活用を一部確認します。

partirとvenir

今回確認するのはこちらの二つの動詞です。

  1. partir
  2. venir

partirもvenirもir型の動詞ではあるので、活用の形は似ていますが、語幹が少し変わるので注意が必要です。

partir

partirは「出発する」という意味で、ir型の動詞と少しだけ変化が変わるので注意してください。

partir    
  je pars nous partons
  tu pars vous partez
  il part ils partent

こちらのように単数名詞では"par"が、複数名詞では"part"が語幹になっています。

同じ活用の動詞

  • sortir(外出する)
  • dormir(眠る)
  • courir(走る)
  • senrir(感じる)
  • servir(仕える)

例文

Je pars le Japon demain.

私は日本を明日出発する。

venir

venirは「来る」という意味で、語感が単数と複数で大きく変わります。

venir    
  je viens nous venon
  tu viens vous venez
  il vient ils viennent

同じ活用の動詞

  • devenir(〜になる)
  • tenir(つかむ)

例文

Vous venez avec nous?

一緒に来る?

まとめ

今回の記事では二つの動詞「partir」「venir」の二つの動詞を確認しました。

変化が特徴的なので、しっかりと覚えていきたいと思います。

規則動詞の変形方法(er型、ir型)【初心者からのフランス語練習帖#3】

f:id:chiphirose:20170824092655j:plain

語学の基礎である動詞の変形について勉強したのでまとめていきます。

フランス語では主語によって動詞が変形するので、そのパターンを覚えていく必要があります。変形には規則がありますが、それが当てはまらない不規則な動詞も存在します。

今回は規則的に変化する動詞の変化について確認していきます。

規則動詞

規則動詞には二種類の動詞があります。

  1. er型
  2. ir型

これらの変化を確認しましょう。

-er型

動詞の最後がerになっている動詞は以下のように変化します。

danser    
  je danse nous dansons
  tu danse vous dansez
  il danses ils dansent

このように主語によって大きく動詞の形は変わってしまうので、注意して練習するといいでしょう。

-er    
  -e -ons
  -e -ez
  -es -ent

-er型の動詞

-er型の動詞には以下のものがあります。

  • danser(踊る)
  • chanter(歌う)
  • aimer(好き)
  • habiter(住む)

-er型の例文

Vous aimez le sport?

スポーツは好きですか?

-ir型

動詞の最後がirになっている動詞は以下のように変化します。

finir    
  je finis nous finissons
  tu finis vous finissez
  il finit ils finissent

こちらの動詞はerとは違う変形をするので注意してください。

-ir    
  -s -ssons
  -s -ssez
  -t -ssent

 

-ir型の動詞

-ir型の動詞には以下のものがあります。

  • finir(終わらせる)
  • choisir(歌う)
  • réussir(成功する)
  • rougir(赤くなる)

-er型の例文

 

Je finis mon travail.

私は仕事を終える。

まとめ

今回の記事では2種類の動詞の活用の仕方を確認していきました。

次回からは不規則動詞の変形を確認していきます。

人の死を意味するdemiseの使い方【英語学習記録#2】

f:id:chiphirose:20170824193745j:plain

日本語でも人の死を遠回しに表現する言葉はたくさんあります。

例えば、「亡くなる」「旅立つ」など、遠回しに表現したものもいくつかあります。

そのような表現が英語にもいくつかあります。その中で今回は"demise"をまとめていきます。

Drop Dead Diva1話

FRED: Ms uh... Dobkins, I'm Fred. I'm your gatekeeper. Apologies for your sudden demise.

DEB: Demise?

FRED: It's a lot to process. Follow me.

DEB: So, this is the pearly gates?

FRED: You sound disappointed.

DEB: It's just.. I expected puffy clouds, a few angels, maybe even a harp. I really need to get back to earth now.

場面紹介

主人公のデビーが死んで天国の門番に出会うところです。

"Apologies for your sudden demise."は「突然の死をお悔やみ申し上げます」といった意味になります。

demiseはとても正式な表現なので、なかなか使いづらいかもしれませんし、「死」を表現することはなかなかないかもしれません。

しかし、funeral(葬式)に参加するときには、絶対に必要になりますので覚えておくと役に立つでしょう。

demiseの定義

(formal or humorous) death

とても正式な言葉で、堅い言葉なので時と場合によっては冗談のようになってしまうようです。

他の「死」に関する表現

一番シンプルな表現は"death"ですが、そのほかにも"passing"などがあります。

「死ぬ」という同士でも"pass away"という表現があるので、直接的に言うのを避けたいときにはpass awayを使います。

 

冠詞の使い方(不定冠詞・部分冠詞・定冠詞)【初心者からのフランス語練習帖#2】

f:id:chiphirose:20170824092655j:plain

 今日学んだのは「不定冠詞・部分冠詞・定冠詞」で、英語で「a,the」に当たる言葉です。

フランス語は英語と異なり、男性名詞・女性名詞によって、その冠詞を変える必要があります。

今回の記事ではその変化を整理していきます。

不定冠詞

不定冠詞は会話の中で、はっきりとわかっていない名詞の前につけます。

 

  男性名詞 女性名詞 複数名詞
不定冠詞 un une des

部分冠詞

部分名詞は数えられない名詞につける冠詞で、コーヒーなどの液体につけます。

 

  男性名詞 女性名詞 複数名詞
部分冠詞 du de la --

定冠詞

定冠詞は会話の中で一度出ていて、お互いに何を指しているのかわかっている場合や一つしかないものを指す場合に使います。

 

  男性名詞 女性名詞 複数名詞
定冠詞 le la les

 

例文 

今回の文法を使った例文をいくつか紹介していきます。

不定冠詞

Il y a un bureau sur le chambre.

部屋に1つの机がある。

Il y a une voiture devant la poste.

郵便局の前に車がある。

部分冠詞

Je bois du bière.

私はビールを飲む。

Elle manges de la viande.

彼女はお肉を食べる。

定冠詞

J'aime le cafe.

私はコーヒーが好きです。

Il y a la voiture de Marie.

マリーの車がある。

最後

今回は言語の初歩である冠詞についてまとめていきました。

三種類のパターンに対して、男性名詞・女性名詞・複数名詞の形があるので、覚えるのは大変ですが、少しずつ覚えていきます。

 

フランス語ブログの方針とテンプレートを紹介【初心者からのフランス語練習帖#1】

f:id:chiphirose:20170824092655j:plain

フランスの会社に入社することになり、すぐには使わないとは思いますが、将来的に必要になると考えてフランス語を勉強することにしました。

フランス語圏にある大学に2年間在籍し、フランス語を使える環境に長い間にいました。しかし、フランス語をほとんど勉強してこなかったので、フランス語のレベルは初級レベルです。

このブログでは、その日に学んだフランス語の文法や表現などをまとめていきます。

初心者のフランス語勉強記録なので、参考になる可能性は低いかもしれませんが、成長記録としてこれから勉強する人の道しるべになれば幸いです。

フランス語のレベル

  • 初級
  • スイス、ローザンヌに2年滞在
  • Bonjourの発音だけは完璧
  • 3週間のフランス語レッスンを受講

勉強方法

文法を勉強しつつ、オンライン仏会話で練習をしていくつもりです。

1日平均1時間を勉強時間にあてていき、3月までに簡単な会話をできるようにしていきます。

同時に移動時間にCDを聞くことで、リスニングの能力も上げていきます。

ブログでのまとめ方針

フランス語で学ぶものは主に以下の3つです。

  1. 仏文法
  2. 単語
  3. 仏表現

ブログでは自分の記憶の整理に使うため、以下のテンプレートを使って記事を書いていきます。

仏文法

  1. 本日学んだ仏文法
  2. ポイント・注意点
  3. 例文

単語

  1. 英単語
  2. 男性名詞・女性名詞
  3. 活用
  4. 例文・熟語

仏表現

  1. 仏表現
  2. 表現のポイント
  3. 他の例文

最後に

今回はブログの方針を確認していきました。次回からフランス語の文法勉強記録を残しておこうと思います。

僕のフランス語が少しでも成長していくところを紹介できたらと思います。